注文住宅でも洗面所、洗面台は家の要

マイホーム、注文住宅を建てる段階になって、我が家も建物の様式として日本風の木造の建築など、その他にも色々と思案してみましたが、やはり、結果としては木造ということに落ち着きました。 建物の質や形に関しては予算の関係もあり、どちらかと言うと和風の切り妻様式の木造の標準的なもので内装、外装、更に諸設備関係は全く普通の水準のものか、それよりやや現代風の物になりました。



建築業者は自身の場合は親の関係もあって結局地元の業者に頼んだのですが、地元でも大変古くから寺社関係の建築に携わっていた宮大工の〇〇建設という、どちらかと言うと工務店に近い業者です。 勿論、地元の建築屋さんや工務店と言う、仕事そのものは土着した人との繋がりで仕事をしているようなもので、それら職人集団が概ね地元にいるんですね。 其れに、特に水回りの設備関係については設備メーカーや種類、型番などの選択もありますので、其の筋の専門業者たちが施工工事などは行ったようです。



いずれにしても注文住宅の利点といえば、自分や家族たちで有る程度の構想を考えながら、間取り等も相談しながら家の向きとか洋室にするか、和室にするかか、更には肝心なDKやトイレ、浴室、洗面所、洗面台はどうしようか、又は、給湯関係はどうしようとなどと、限り無く家族の思いや希望が反映されることがメリットですね。





ところで、筆者が今までの独身生活、又は新婚当初からの生活は正直のところ間借り状態で、大学生の時はワンルームの部屋で水回りは台所を除いてトイレとお風呂が一体型で洗面所や洗面台などは全くありませんでしたし、更には新婚からの当初の生活は民間の2DKのアパートで、此方にも洗面所や洗面台というのはありませんでした。



ところが気がついてみると、一般の個別の住宅というのは立派な洗面所や洗面台があって、広さも0・75坪から1坪あたりのスペースが確保してあって、そこには立派な洗面台を始め洗濯機から物入れの天井部分の収納ボックスを含む収納スペースなど立派に確保されているのが普通の状態でも有ったのです。



そんな関係もあって、我が家の新築の注文住宅建築にあたっては、特に洗面所の広さを1間四方の1坪のスペースを確保しました。 そして其処にはTOTO製の妻も喜びそうなチョット贅沢なユニット型の洗面台兼化粧台を設置したのでした。 洗面所や洗面台というのは親から子供まで1日に何回も使用する、謂わば、其の家の要と言っても過言ではないでしょう。

新築注文住宅 おすすめお風呂!
健康マニアによる無病ライフ ダイエットチャレンジ 生命保険の選び方 お家の見直ししま専科 女性向けエステ.com 住宅リフォーム総合情報 英語上達の秘訣 注文住宅のための用語集